FC2ブログ

外務省ハレンチ物語

2009年03月29日 17:49

外務省ハレンチ物語外務省ハレンチ物語
(2009/03/27)
佐藤優

商品詳細を見る


佐藤優、官能小説を書く。
外務省に働く人々の生態がいかに民間企業と乖離をしているのか。官能小説の形態をとった暴露本だ。
そこに描かれている人々は、国益そっちのけで機密費横領、甘い汁を吸うための仕組みづくりと謀略作りにせっせと精と性を出す中央高級官僚の姿。
同じ穴のムジナは負の連帯の産み、やがて外務省という組織全体が脛に傷を持つ伏魔殿となり、汚職文化が花開いたのでした。

ああ、、、外務省は日本国益を守ろうともせず、諸外国と同じように日本の財(国民の血税)にヒルのように吸着して離さない。
外務省が国益を毀損する存在であるのならば外務省監督庁でもつくらなければいけないんじゃないかなぁ。


最新記事