FC2ブログ

θは遊んでくれたよ

2010年11月27日 23:52

θは遊んでくれたよ ANOTHER PLAYMATE θ (講談社文庫)θは遊んでくれたよ ANOTHER PLAYMATE θ (講談社文庫)
(2008/03/14)
森 博嗣

商品詳細を見る


本は文章として立体的に具現化させた人物の回路をとおし、
思想、着想、論理を追跡し仮想体験することの
できるメディアである。

よって、特定の作家に没頭すると、その作家の思考の癖
がひとつの思考の型として伝染することがままある。
いうなれば、他人の頭を自らの思考のひとつのメソッドとして
自分の頭にストックするということだ。

森博嗣の作品は、
 ・ファクトベースで考える
 ・物理的にロジカルに考える
 ・本質、根源的な理由を探る
といった思考の型を提供してくれる。
物事の本質を捉える、その視点を。

論理的思考ってよく聞くけど、いまいちピンと来ないんですよね~
っていう方には氏の「すべてがFになる」をオススメする。

(蛇足)
ストック化できず、その他人の思考の毒に自らの
頭が冒されている状態を「洗脳」というのだろう。
高尚な哲学書のような右から左への文章は思考の下痢だ。
安部公房の思考の毒性、その思考が引き起こす磁場は極めて強烈である。
スポンサーサイト





最新記事