FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水滸伝 四

2010年04月04日 03:45

水滸伝 4 道蛇の章 (集英社文庫 き 3-47)水滸伝 4 道蛇の章 (集英社文庫 き 3-47)
(2007/01/19)
北方 謙三

商品詳細を見る


「いまの世では、よくあることだ。あってはならぬことなのに、よくある。だから、そういう世は、あってはならぬのだ」

「小さな自由のために、おまえは大きな自由を捨てた。ゆえに、私はおまえがやっていることを、一切認めぬ」

「上から押さえつけてくるものを、撥ねのけたかった。こそこそと、その力をかわしながら、銭を稼いだりして、喜んでいたくなかった。上から押さえつけられることが、何より嫌いだったのに、なにがほんとうに押さえつけてきているのか、見ようとしてこなかった」

「だから、おまえの哀しみの大きさだけは、伝わってくる。それだけのことだ。私にはなにもできん。なにも、言わなくていい。こんな時、言葉などなんになる。私は、ただおまえのそばにいよう」
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kinksrock.blog34.fc2.com/tb.php/172-32977a17
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。