FC2ブログ

不連続殺人事件

2010年08月13日 01:58

不連続殺人事件 (角川文庫)不連続殺人事件 (角川文庫)
(2006/10)
坂口 安吾

商品詳細を見る


坂口安吾による本格推理小説。
推理小説は、社会派、怪奇などいくつかの構成要素を併せ持ち、
いくぶんメタ的な意味を含有しているのだが、
本作は推理小説がそのオリジナルにてもっている意味、
つまりは推理小説の持つパズル的な要素にフォーカスされ書かれた
小説だ。

ある資産家の家で起こる連続殺人。
古典的な舞台装置の中で描かれる本作は、メタフィクション隆盛の
現在において古典的ながらも新鮮味をもって読ませられる。
犯人は誰か?というシンプルなフォーカスに向かって。

本作に描かれた華麗なる心理トリックには唸らせられるものがある。
キーワードは「木の葉を隠すのであれば森の中に隠せ」「場の論理」
であろうか。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kinksrock.blog34.fc2.com/tb.php/198-4d3146a8
    この記事へのトラックバック


    最新記事