FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イライラ棒と姪との会話

2014年08月18日 00:40

最近ふと考えさせられた出来事二つ。


昔、テレビ番組で電流イライラ棒というアトラクション企画があった。
電流が流れる幅三センチほどの平行するワイヤーが、グネグネと
サーキットコースのようなコースをつくり、プレイヤーは電流が流れる
棒をそのサーキットのワイヤーに当たらないようにできるだけ早くコース
を通り抜けるというものだ。
(確かテレビの企画では棒がワイヤーに触れるとスパークが起こり失格となっていた)

で、そのイライラ棒を模したものが某所にあったため、知人とやってみた。
知人はソロリソロリと棒を動かし、一回のワイヤーとの接触があったものの
50秒ほどでゴールに到達し20点。
私は所々ワイヤーと接触しながら、25秒ほどでクリア。
はたしてスコアは?30点で私の勝ち!
ワイヤーとの接触回数が自分のほうが少ないのに!と地団駄を踏む知人。

勝ち誇った顔をしながらふと思った。
このイライラ棒の採点ロジックは、仕事の本質と相通ずるものがある。

概ね、ビジネスの場では正確性よりスピードが重要なのだ。
10の時間の中で8の完成度で提出し、7の評価点をもらうより、
5の時間で6の完成度で発表し、フィードバックを踏まえて再構成することで
同じ10の時間の中で評価点を9まで高めたほうがよい。

そもそも、100%正確な答えというものはおそらく仕事の中にはない。
副作用を推測しながら、最適と思われる解を自身の経験と裏付けをもって判断し、
その判断と結果検証をスピード感をもってクイックに繰り返し、
全体の質を高めていくことが重要なのである。


姪と料理をしていた時の会話
私「じゃあ、あーちゃん(姪の愛称)、次はこれを鍋に入れて」
姪 「全部つぶしちゃっていい??」
私「んー、半分つぶして半分残してって感じかな」
姪「??」
私「あー、えーとね、なんというか・・・ほら、つぶさないと食べにくし、
  つぶし過ぎちゃうと食感がなくなるし、だから半分つぶして・・・」
姪「つまり、ちょうどよくするっていうことね!(。Д。)」
私「・・・
  そ、そのとおり!」
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kinksrock.blog34.fc2.com/tb.php/256-0897fb43
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。